ごあいさつ

社会的存在意義 土木構造物及び道路安全施設の施工で社会に貢献する

社長

 当社は、1977年の創業以来、道路安全施設関係の仕事に従事してきました。当初は一般道での仕事が中心でしたが、1984年から高速道路上の仕事にも従事するようになりました。

 日常生活での通勤・買い物や物流・旅行などに欠かすことのできない交通の安全を確保することは非常に重要なことであります。現在では、ASV技術(先進安全自動車)の実用化により安全運転は支援され、将来は自動運転技術が普及します。安全な自動運転を行うためには、自動車に搭載される機能はもちろんですが、その機能を稼働させるための道路情報が必要不可欠になります。すなわち、道路区画線・横断歩道・道路標識・案内標識などが提供する道路走行に関する情報や目的地までの案内情報です。

 自動運転技術が確立された社会になっても、万が一の事故発生による被害を最小限に抑える鋼製防護柵(たわみ性防護柵)の整備やタイヤが発する騒音から地域住民の環境を守る遮音壁の設置も必要不可欠であり、このようなことから道路安全施設の設置・更新は今後ますます社会の重要な役割となります。

 また、高度経済成長期に整備された道路インフラは50年以上供用されており、そのメンテナンスが必要とされていることから、トンネルや立体交差道路および橋梁の剥落対策工事、橋脚補修工事なども行っております。

 当社は、このような事業を通じ社会生活の利便・安全・環境確保に貢献していきます。

ステークホルダーとの良好な関係を構築

 当社が今日あるのは多くのお客様・お取引先のご支援によるものと感謝しております。現代社会で事業活動を行うということは、お互いの支援が必要不可欠であり、それは対外関係のみならず社内においても社員同士の支えあいと切磋琢磨することが成長の源泉となります。

 当社は、関係する皆様の信頼されるパートナーに認知してもらえるよう、いかなる時も対峙する相手の立場・気持ちを察し相手のために考え行動します。

社長プロフィール

社長

佐藤 利明
1966年生まれ、静岡市出身。
旧静岡市立商業高等学校(現静岡県立駿河総合高等学校)卒

入社以来、総務にて歴代社長の下、経営企画・経営管理業務に従事。
社長就任に当たり、「目指す姿」と「社是」を自ら新たに作成し、当社として新しい経営のカタチをつくる。

性格は実直。

趣味はドライブ

To Top

Copyright SEITO Corporation All rights reserved