道路標識 道路標識 道路標識 車 道路標識

先輩の安全化計画 File:1

安全施設事業部 高速道路保全部 営業課 望月祥吾

◆現在の仕事:

NEXCO中日本の維持補修工事の施工管理をしています。具体的には、高速道路のガードレール、フェンス、区画線、遮音壁を設置したり、古くなったものを新しいものに取り替える「安全施設工事」です。

安全施設事業部のメインの仕事は道路の区画線、標識やミラーなどの付属物の施工です。
受注のために現場を調査し、見積り・工事提案をし、受注後は施工管理として工程を立て協力会社の職人の指揮を行い、安全・予算・品質を管理し、完了後の資金回収までが仕事です。
私は今、東名高速道路を管理・運営するNEXCO中日本の維持補修工事の営業・施工管理を担当しています。

施工管理とは、工事現場で様々な業者の職人さんたちに指示を出し、動かしながら、設計通りに、またスケジュール通りに適正に工事が行われるよう管理する仕事です。そしてもちろん、事故が起こらないよう安全管理が最も大事でとても気を遣いますが、同時に自分の成長にもつながります。

先輩1

“今では、「法面(のりめん)といえば望月!」という存在に!”

先輩1

私は、雨が降った時に路面に水が流れてしまわないよう、法面(のりめん)工事を担当しました。「法面」とは、道路建設のために山を削ったり盛り土をした人工的な斜面のこと。

漏水で崩れた法面の復旧工事を担当しました。水の排出が急務なため、法面の内側に塩ビ管を通し水の排出を助け、表面は保護のためプラスチック法枠を設置し、そこに植生の種をまき、法面全体を草で覆うという工事をしました。
法面工事はセイトーでは前例がなく私が初めて担当。今では、「法面といえば望月」という存在になっているのではないでしょうか(笑)

こういったご提案も、自分で考えて決めて自由に動けるのがセイトーの良いところです。一つの仕事を任されるという大きな責任感を感じながらも、自分のペースで仕事ができる会社です。

また、雨が降ると水が路面に流れてしまう箇所に、排水用の用水路を設置する工事の施工管理を行ったことも。下が高速道路ですので、用水路設置のために土を掘っても、その土が下に落ちることのないよう神経を使いますね。
どれも安全に直結する大切なものです。

仕事のやりがい

日本の道路インフラを支えていること!
自分が携わったものが形として残るので達成感を味わえる!

自分が安全施設工事に携わった道路が日本全国に縦横無尽に走っているという事が達成感、充実感となっています。
公共事業を通じて、縁の下の力持ちとして日本の道路インフラ、そして皆さんの安全な生活を私たちが陰で支え、世の中の役に立っていることを実感できるのが一番のやりがいです。
また、NEXCOや業者の方など、いろいろな人たちと打合せを行うので、スムーズに仕事を進めるノウハウを得られるのが当社の仕事の面白みだと思います。

先輩1

セイトーの良いところ

私は文系学科出身なので、施工管理と言っても、初めは右も左も分かりませんでした。
入社1年目で、9ヵ月間に亘って富士市の道路のガードレールの取り換え工事の施工管理を任された時は、初めての、しかも長期に亘る工事で不安もいっぱいでしたが、上司が「失敗しても良いから!」と応援してくれ、とにかく何でも分からない事や問題点がある時は上司に確認するようにしていました。元請け業者の担当者とも協力し二人三脚になって、1から完成まで成し遂げることができました。上司が優しいのが当社の良いところだと思います。
悪天候の時には工期に間に合うかなど、気を遣う事も多いのですが、その分、自己成長を実感できる仕事です。

心がけていること

人とのコミュニケーション。
自分も含めて後輩が興味を持って楽しく仕事できる環境づくり。
先輩1

あなたも、セイトーで一緒に施工管理しよう!

エントリー